2016年06月15日

「いりこ」の気持ち

ふと頭によぎったのです・・・

「いりこ」の気持ちを考えて・・・
あの「金子みすゞ」さんの詩を・・・
以前芦屋町では(今でも・・・)
「あしやんいか」のPRも兼ねて
「いか供養」を不定期でしたが開催していました
私も飲食・旅館・割烹に関係していたので・・・
・・・・・・・・・・・・
大 漁

朝焼小焼だ
大漁だ
大羽鰮の
大漁だ。

浜は祭りの
ようだけど
海のなかでは
何万の
鰮のとむらい
するだろう。

※大羽鰮(おおばいわし)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お 魚

  海の魚はかわいそう。

  お米は人につくられる、
  牛は牧場で飼われてる、
  鯉もお池で麩を貰う。

  けれども海のお魚は
  なんにも世話にならないし
  いたずら一つしないのに
  こうして私に食べられる。

  ほんとに魚はかわいそう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
おかげさまで
「きみしゃんいりこ」も5年目に突入・・・
当初はとにかく「きみしゃんいりこ」の佃煮として
(今でもそうですが・・・)

製造・販売・営業のことばかり・・・

テレビ・新聞・マスコミなどにも取り上げていただきながら・・・

生活の為・経営の為とはいえ・・・
お客様はもちろん販売店舗様
仕入関係者の方々の皆さま・・・
感謝の気持ちを忘れず・・・
いりこの日11日.jpg
11日は「いりこ」の日?

11月11日は
今年こそ「いりこ供養」を?



そこで
「いりこ」の気持ち?

私(二代目きみしゃん)・・・・・

私は京都
老舗料亭の一番だしになるのかな

私は銀座
老舗佃煮家の田作りになるのかな

いや

私は福岡の
きみしゃんいりこになるのかな

私は芦屋町の
きみしゃんいりこになりたいな


に「いりこ」たちに
おもっていただけるように
母(きみしゃん)ともども
これからも
がんばっていきたいとおもっています!



posted by ヒビッキー at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175701982

この記事へのトラックバック