2017年04月30日

進化する「きみしゃんいりこ」二代目「きみしゃん」の挑戦

みなさんGWはいかがお過ごしでしょうか?

GWも今日でまずは前半戦は終了?
私の可愛い姪は
後半戦は
プリキュアショーにハーモニーランド(キティちゃん)
に予定が満載です!

早いもので4月も最終日
GWの話題が沢山ある中で
明日から5/1のスタートとして・・・

ようやく発表?まで5/1からはいよいよ最終章?

進化する「きみしゃんいりこ」二代目「きみしゃん」の挑戦

IMG_1885.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二代目「きみしゃん」ストーリー

有限会社ナラティブ(きみしゃん本舗)
ナラティブは
meishi-ura_2.jpg


2017は
「きみしゃん本舗」から目が離せません!?

九州・福岡・芦屋町から
佃煮革命!?を
福岡県芦屋町の小さな佃煮屋?
母と長男が食品製造業に一石を投じます!

ジャンルや内容はは全く違いますが
「きみしゃん」のイメージは

EXILEのようにその業界として
それぞれが出身もジャンルも違う中で
最高峰のパフォーマンスを追求して
挑戦し続けて進化していく姿をイメージしています

初代「きみしゃん」(渡邉紀美子)は昭和15年生まれの77歳
気力&体力?はバリバリですが・・・

二代目の挑戦!
進化する「きみしゃんいりこ」
初代きみしゃん(渡邉紀美子)の「いりこ」に「朝食」に追求し続けた点を
堅持していきながら
基本となる原点となる奇跡の鍋(希望の鍋)で製造する「きみしゃんいりこ」を
料理の世界に例えるならば「秘伝のタレ」として「出し汁」として
それを原点にいろいろな食品のジャンルに挑戦していく
二代目きみしゃん(渡邉公義)はさらなる新商品開発に参入している

時は・・・

二代目「きみしゃん」渡邉公義は
今後の「きみしゃん本舗」のあり方を
短期中期長期と戦略するにあたり試行錯誤していました

偉大な初代「きみしゃん」も高齢で・・・

二代目として何ができるのか?


あるご縁で・・・

2016年から
中小企業振興センターの
福岡県よろず支援拠点でさまざまな分野の
コーディネーターの先生方からアドバイスをいただきながら

2017年には
料理の世界での「秘伝のタレ」(出し汁)的なものを
「きみしゃんいりこ」+αを基本を開発

ズバリその名は・・・
仮称=「きみしゃんの隠し玉?」
※ふりかけにも・坦々麺にも・スパにも最高です!

味の素&薬味&スパイスがミックスしたようなイメージ
をまずは約1年近くかけて試作試食を繰り返しながら

料理研究家古川麻水先生を
はじめ「半熟藻塩プリン」等ネット通販楽天1位を獲得
した異色の元カリスマ社長森友伸和先生と一緒に

開発に成功しました


自然帯として結成?
仮称= team 二代目「きみしゃん」

チーム
二代目「きみしゃん」として
料理研究家:古川麻水氏
異色の元カリスマ社長:森友伸和氏
二代目「きみしゃん」:渡邉公義
その他関係者多数



引き続き


その仮称=「きみしゃんの隠し玉?」を
コラボして二代目の挑戦!進化する「きみしゃんいりこ」を
シリーズ化に向けて日夜連日東奔西走中です!

ようやく最終段階に・・・6月?7月?

その第一弾が
仮称=「きみしゃんマヨ」
朝食をテーマに
「きみしゃんいりこ」をベースにカルシウムたっぷりな
【ごはんかけかマヨネーズ】
【パンかけマヨネーズ】

第二弾は
仮称=「きみしゃんの(いりこチョコ?)」
朝食をテーマに
OLさんが貴重な朝の時間に
朝食のかわりに
カロリーメイト感覚で
補給できるようなイメージで開発中?

そして
秋には
仮称=「きみしゃんの朝食まん」
割烹民宿時代に大好評だった「ひじき釜めし」を
原点に「きみしゃんいりこ玉」とのコラボで
朝食に食べていただきたい「肉まんスタイル」と
して開発中2017秋〜冬に登場予定

他にも
約3年の試行錯誤を経てこのたび
脳の活性化・ブドウ糖・黒糖・DHA
さらには「梅」を加えて・・・
2018年受験生へ
「きみしゃん合格入校(いりこ)」を
再構築して受験シーズンに関係なく
受験生の聖地である福岡県大宰府天満宮
の参道でお目見え予定

そのほか
二代目「きみしゃん」の野望?挑戦は続きます

@
関連会社
アジアンヒーリングマッサージ蓮
※タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージ屋が作った
仮称
「タイ・鯛カレー」

A
初代きみしゃんの思いを?
レトルト復刻「ひじき釜めし」

その他
いっぱい・・・

meishi-omote_2.jpg
posted by ヒビッキー at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179604208

この記事へのトラックバック